有名ドッグフードの良い評判・悪い評判@愛犬のエサ

有名なドッグフードの良い評判・悪い評判。飼い主目線と愛犬の特徴からドッグフードを選ぶ際に知っておくと良いポイント

ドッグフードの子犬用とは?@愛犬のエサ

null

大型犬の子犬用として最適なドックフードの選び方

大型犬は、小型犬とはまた違う魅力に溢れています。
犬種にもよりますが、大型犬の存在感は安心感や包容力を感じさせますし、家に大型犬が居るだけで、ゆったりとした穏やかな気持ちになりませんか。

家庭で飼われている大型犬では、ゴールデンレトリバーやラブラドールが飼育数が多いようです。
成犬になると、オスは体高58~61cm、体重は29~34kg、メスは体高54~57cm、体重ha24~29kgになる立派な体格です。
ここまで体が大きくなる大型犬の子犬は、足も太く骨がしっかりとしています。コロコロした子犬時代の体型は堪らない可愛さです。
大型犬は、生後1年目まで急激に成長します。生後1年~2年目までは緩やかに成熟します。

この成長期は体を作る大切な期間です。主食となるドックフード選びに失敗しないためには大切なポイントがあります。
高たんぱく質のドックフードとして、原材料に良質な肉が豊富に含まれているものを選びます。
生肉を原材料に使用しているドックフードが好ましく、○○ミールや○○粉、○○類は粗悪なものです。

穀類が使用されていないドックフードを選びます。グレインフリーが好ましいです。
穀類が主原料のドックフードもあるので注意しましょう。肉食の犬には消化が悪く栄養価も悪いです。
アレルギー発症のリスク、病気のリスクも高まる可能性の無い、無添加のドックフードを選びます。ドックフードの中には、香料や着色料、保存料や酸化防止剤が使用されており危険な発がん性のある添加物が使用されている場合があります。
酸化防止には、天然由来のものでハーブやビタミンEを使用しているものがあります。人口添加物を使用しているドックフードは避けましょう。

大型犬の健やかな成長、健康な生涯の為に、ドックフード選びはとても大切です。
健康維持のために、以上のポイントをドックフード選びに役立ててみてください。

子犬用に適したドックフードとは?

子犬が健やかに成長するために、子犬に与えるドックフードは安心安全なものを選んであげたいものです。

これから犬を飼おうという方や、子犬が家族の一員になったという方のご参考になればと思います。
犬の一生涯の健康状態に関わるとも言われる成長期に与えるドックフード、子犬に適したドックフードをご紹介します。

ドックフードはどれも同じでしょ、なんて思っている方、それは大きな間違いです。ドックフードは愛犬の主食です。
ドックフードの善し悪しで、健康な体を作ることもあれば、アレルギーや病気の原因になったり寿命にも関わってくるような、違いがあるのです。
子犬の頃から生涯健康で楽しく過ごせるよう、ドックフードの原材料や成分に気を配り、安心して与えられる安全なドックフードを選びましょう。

犬は生後1年までに急激に成長し、子犬から成犬になります。
この成長期に与えるドックフードには特に注意が必要です。
子犬の場合は、骨や筋肉を作る栄養素を成犬よりも多く必要とします。多くのカロリーを必要とする成長期には、良質のたんぱく質を豊富に使用したドックフードを選びましょう。
生肉をたんぱく源として使用し、ヒューマングレードの原材料を使用したものを選ぶようにします。
人口添加物も病気やアレルギーのリスクを高めます。無添加のものが理想的です。
穀類は犬の消化器官では消化しづらく内臓に負担をかけ、病気やアレルギーの原因になると言われています。

生肉を主原料とし、無添加、穀物不使用、このようなドックフードを子犬の時から与えることで、将来の、健康被害や体調不良のリスクを下げることができます。
犬のガンも増えている時代です、人間と同じように愛犬の食べ物にも配慮して健康維持に努める様にしましょう。

健康意識の高い飼い主さんに人気の、理想的なドックフードをご紹介します。

1・オリジンドックフード

2・カナガンドックフード

3・モグワンドックフード

4・ナチュロルドックフード

柴犬の特徴 子犬に適したドックフード

柴犬は、日本原産の犬種で、天然記念物に指定されている日本犬種です。
凛々しく、愛くるしいルックスと、主人に忠実で独立心の強い賢い柴犬は、国内外でも人気の犬種です。
勇敢で賢い性格から、最近は番犬という概念は薄れていますが、番犬に適すると言われていました。

短毛、立ち耳、巻き尾が特徴的で、毛色は、赤(茶色)、黒、胡麻、白などがあります。
被毛は硬いトップコートと柔らかいアンダーコートの二層被毛で年に2回生え替わります。
柴犬の成犬は、体高37~40cmほどになり、一般的にオスがメスよりも大きいと言われます。

柴犬の中でも、体格の小さな柴犬が豆柴と呼ばれることがありますが、豆柴は犬種ではなく、小柄な柴犬を集めて交配させた場合に生まれる、小柄な柴犬の事をさしています。
成犬になった時の体格は、一般的な柴犬のサイズの場合もあるので、犬種ではないという認識が必要です。

柴犬の子犬は、生後1年くらいまで急激に成長します。活発な子犬は、成犬よりも多くの栄養素を必要としています。
本来肉食の柴犬は、肉中心の高たんぱくのドックフードを子犬の頃から与えるようにします。

子犬の頃に与えるドックフードは骨や体の基礎をつくる大切な役目がありますので、健康意識の高い飼い主から支持を得ている、人気のドックフードをご紹介します。

>>柴犬の特徴に合わせたドックフード選び方を先にチェックする

柴犬の子犬に与える理想のドックフードの3つのポイント!

  • 生肉を50%以上配合し良質の高たんぱく質を豊富に含むドックフードであること。
  • 穀類を使用していないグレインフリーのドックフードであること。
  • 人口添加物を使用していない、無添加のドックフードであること。

このような条件のドックフードが、いつまでも元気で健康な生涯をサポートします。理想的なドックフードはこれです。

1位・カナガン
2位・モグワン
3位・オリジン
4位・ナチュロル

めちゃくちゃ小さい!可愛いチワワ小型犬の子犬におすすめドックフード

チワワはメキシコ原産の、世界で最も小さいと公認されている犬種です。
成犬でも体重は3kg程度です。ジャパンケンネルクラブでもショードックで3kg以下という基準になっています。
チワワの魅力は、小さな体で飼いやすく、性格も好奇心旺盛で個性が強いことや、被毛の色も豊富でオシャレも楽しめる点など数えきれません。

チワワの子犬は、大きさは非常に小さく手のひらに乗るほどの子犬もいます。
小さな体とはいえ、生後一年くらいまで急激に成長し、体が作られます。この頃に与えるドックフードはとても大切な、将来の健康や寿命に関係してくるものと言われています。

>>チワワの特徴に合わせたドックフード選び方を先にチェックする

チワワは体が小さいため、食べる量も少なくなりますが、その分栄養価の高い良質なものを給与するようにします。

おすすめするドックフードは、良質なタンパク質を豊富に含むもの、穀類を含まないもの、肉副産物を使用していないもの、無添加のものです。
いつまでも健康で、元気に過ごせるよう、成長期のドックフードには特にこだわりたいものです。
この条件をクリアしている、愛犬家の間で人気のプレミアムドックフードをご紹介します。

1.カナガン チキン ドックフード
2・モグワン ドックフード
3・オリジン ドックフード

人気のある記事

人気のある記事

最近の投稿

最近の投稿

カテゴリ

カテゴリ

アーカイブ

アーカイブ

アーカイブ