有名ドッグフードの良い評判・悪い評判@愛犬のエサ

有名なドッグフードの良い評判・悪い評判。飼い主目線と愛犬の特徴からドッグフードを選ぶ際に知っておくと良いポイント

犬種別のドックフード選び方

チワワの特徴に合わせたドックフード選び方@愛犬のエサ

投稿日:

null

チワワの特徴に合わせたドックフード選び方

チワワは小っちゃな体に大きなウルウルとした瞳が印象的な愛らしい小型犬です。チワワの子犬では、手のひらに乗るほどの大きさで、カワイイの塊のようなたまらない可愛さです。

世界で最も小さい犬種として知られているチワワの原産国はメキシコです。
チワワの歴史は古く、アステカ文明の時代から、神聖なる動物と崇め飼われていた「テチチ」が祖先と言われています。
テチチという犬は、その時代、神々の使いとして崇められていたとも言われています。儀式では生贄にされることもあったようです。
人のお墓に一緒に埋葬されることもあったようで、お墓からテチチの骨が発掘されています。

19世紀半ばころから、もともと小型犬だったテチチにアメリカで品種改良が進められ、より小型の現在のようなサイズのチワワになりました。
この品種改良の時期にロングコートのチワワも誕生しました。

日本では、1970年頃から飼育されるようになり、現在では登録飼育数は人気上位3位に入る犬種になっています。
小型犬の飼いやすさと愛らしさに加え、テレビCMや映画でもチワワが起用され話題となり爆発的なチワワブームが起こるほどでした。

チワワには、スムースコートとロングコートの被毛があり毛色も豊富なことから、おしゃれを楽しんだりする楽しみもあり、ロングコートチワワは特に女性に人気があると言われています。

チワワの体の特徴

チワワは世界で一番小さい犬種です。体の特徴といえば、まずはその小ささです。
丸みを帯びたアップルドームと言われる額もチワワの特徴として可愛らしさを醸し出します。
顔つきは、大きな瞳に、詰まったマズル(鼻口部)、立ち耳が特徴的です。
可愛らしい顔つきですが、臭覚は他の犬種より鋭くなく、噛む力も弱いと言われます。

小さな体ですが、活発で活動的な犬です。多くのチワワは室内で飼育されており、室内を走り回ったりできれば、運動量は足りることもありますが、運動不足は腸の働きを悪くします。腸内環境が乱れやすい面もあるので、運動不足や、寒さ、暑さなど温度調整にも気を配ってあげましょう。

チワワの被毛は、スムースコートという短毛種のチワワと、ロングコートという長毛種のチワワに分かれます。
毛色はとても豊富で、多種多様な組み合わせが認められています。豊富な被毛のカラーもチワワの魅力です。

元々チワワは、スムースコート(短毛種)でシングルコート(換毛が無い)でしたが、現在チワワの被毛について、シングルコートかダブルコートかの別ははっきりしておらず、品種改良の過程でシングルコートよりのチワワは抜け毛が少なく、ロングコートよりのチワワは抜け毛が多い、という個体差になって現れているようです。

JKC(ジャパンケネルクラブ)ではチワワの成犬でのスタンダードの体重を500g~3kg、理想は体重1~2kgとしています。

チワワの性格

チワワの性格は、活発で好奇心旺盛、陽気な性格です。
とても賢く、飼い主に忠実ですが、警戒心が強い面もあり他人にはあまり懐かない傾向もあります。
甘えん坊なところもあり、飼い主の愛情は独占したいタイプで、他の犬を可愛がったりしているとやきもちを焼いたりします。
小さな体の見掛けと違い、とても勇敢で大胆な一面もあり、自分よりかなり大きな体格の犬にも臆さず堂々としているような事もあります。
独立心も強く、留守番は比較的得意です。

チワワの姿からは勇敢な性格とはかけ離れ、放っておけないほどの弱々しい外見から幼犬の頃から、甘やかしてしまったり子供がおもちゃのように扱うようなことがあると、チワワは攻撃的で、うなったり、噛みついたりするような、社会適応の力に欠けた犬になってしまいます。愛情をもち、しつけをきちんとすることが必要です。

チワワのかかり易い病気

チワワは小さいため外見からは弱々しく感じる方もいるかもしれませんが、
決して虚弱な犬種ではありません。
健康管理をしっかりしていれば、健康的な生涯を過ごせます。

基本的に丈夫なチワワですが、チワワがかかり易い、気を付けたい病気やケガがあります。

■チワワの骨折

■チワワの膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)(パテラ)

膝蓋骨脱臼は、後ろ足の膝のおさらが外れたりズレたりしてしまう病気です。
チワワ以外の小型犬にもよく見られる病気で、先天性でもともと形成異常がある場合と、後天性で高いところからの落下や強打を受けるなどのきっかけから起こる場合があります。

膝蓋骨脱臼になると、かなり痛みがあります。その為、歩き方は不自然になり、つま先立ちや、歩かなくなる場合もあります。
チワワのこのような様子を見逃さず、膝が腫れているような症状があれば早急に対処するなど、早期発見、早期治療をするようにしましょう。

後天性の膝蓋骨脱臼にならないように以下のことを気をつけるとリスクを下げることができます。
チワワの体重増加や高いところからのジャンプ、飛び乗り、滑りやすい床など避けるようにしましょう。

チワワの泉門開存(せんもんかいぞん)

泉門開存は、別名ペコ、モレラとも言われます。
チワワの遺伝的な病気と言われており、原因は品種改良を重ねてきた長い間に犬種特有の遺伝的疾患となったと推測されています。

症状としては、頭蓋骨の頭頂部に穴があいている状態で、その大きさは鉛筆の先程の小さなものから、100円玉程の大きなものまであります。この大きさは様々ですが殆どのチワワにこの症状を持っていると言われ、通常は成犬になるまでには、穴が閉じると言われています。
生後1年超も、この穴が閉じない場合は水頭症を発症しやすいと言われており、小さな穴であれば健康上、特に問題は無いといわれているものの、獣医師の診断を受けることをおすすめします。
また、頭頂部は柔らかく、頭をたたいたりすることは絶対にしてはいけません。遊んでいて家具などに頭をぶつけるような事の無いように十分注意しましょう。

チワワの水頭症(すいとうしょう)

チワワの頭頂部、泉門が開いている場合にかかる事が多い病気です。
泉門の部分に、脳脊髄液が大量に溜まって脳を圧迫することによって様々な症状がでてしまいます。

泉門が生後1年以後もふさがらず、開いている場合は水頭症のリスクが高まりますが、泉門がふさがらなかったチワワがすべて水頭症になるわけではありません。

症状は、反応が鈍い、運動失調、視力の低下、斜視、食欲異常、フラフラする、無関心、痴呆、攻撃性の増加などがあります。
このような、運動障害、知覚障害や行動異常、不全麻痺が起こります。

水頭症は、手術や投薬などでも完治することは難しい病気です。
しかし、水頭症の症状が見られた場合は、獣医師に診断を受け今後の対応など相談すあるようにしましょう。

チワワのてんかん

チワワは、「水頭症」の他に「てんかん」というてんかん発作という痙攣などの症状が現れ、脳の病気になりやすいと言われます。
てんかんは、原因不明の「突発性てんかん」と脳腫瘍や水頭症などの脳の病気が起因して起こる「症候性てんかん」があります。全身が痙攣するような発作と体の一部が痙攣するような発作があり、発作の長さも、数秒から数分と色々なパターンがあります。
発作が繰り返し起こる「重責発作」は特に脳に重大なダメージを与えると言われています。
てんかん発作で、命に関わる場合もあるので緊急の処置が必要です。

脳の病気が原因となっている「症候性てんかん」の場合は、病気の治療をすることになります。
「突発性てんかん」は原因不明なのですが、抗てんかん薬など投薬治療があります。

てんかんの予防法は特になく、発病すると症状は悪化していきます。
早期の治療開始が、悪化を防ぐためには必要ですので、症状に気づいたらすぐに獣医師の診断を受ける様にしましょう。

チワワの流涙症(りゅうるいしょう)

チワワの大きな瞳が特徴ですが、常にウルウルしているうるんだ瞳は可愛いだけではなく、流涙症の症状かもしれません。
流涙症は、常に目に涙が溢れている状態です。
あふれ出た涙は、目頭から鼻の横に流れ出し、被毛にこびりついてしまいます。
常に流れ出ている涙は変色し涙やけと言われる汚れとなってしまいます。
チワワの他にもマルチーズやトイプードル、シーズーなども流涙症が多い犬種ですが、被毛の色が薄いと涙やけが目立ちます。

流涙症の原因は、異物の混入や疾患、涙小管の問題など様々あります。

目の中に被毛や異物が混入して起こっている場合があります。
この場合は、目に入った異物を目薬などで取り除き、被毛など目に入らないようにトリミングをします。

結膜炎や角膜炎、眼瞼内反症、鼻炎、副鼻腔炎など疾患が原因の場合もあります。
この場合は、疾患の治療をしましょう。

慢性的な流涙症である場合は、涙を流す涙小管が閉塞していたり、生まれつき穴が通っていないなど先天的な原因がある可能性が高くなります。この場合は、涙小管洗浄や外科手術などで改善を目指します。

流涙症から、涙やけの部分の湿疹やただれなど皮膚の炎症も起こるので清潔に保ち、症状がみられる場合には獣医師に相談をすることをおすすめします。

チワワの進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう)

進行性網膜萎縮症は、徐々に夜間や暗いところで目が見えにくくなっていく病気です。
症状は徐々に進行していくため、犬も順応していく場合もあり、飼い主さんが病気に気づきづらいこともあります。
暗いところが苦手になり、夕方や夜間の散歩を嫌がったり、物にぶつかったり、つまづいたりするような様子に気づいたら、進行性網膜萎縮症を心配します。
症状は進んでいくと、階段を上り下りできなくなったり、壁伝いに歩いたり、活動量が減ったりしていきます。
最終的には、暗いところだけではなく、明るいところも見えずらくなり視力を失うこともあります。
発症の年齢は、若年齢から中年齢まであり年齢では区別できません。

進行性網膜萎縮症の原因は遺伝性の病気になり、最終的には多くの犬が失明してしまう病気です。
明確な治療法は無く、症状を疑ったら獣医師に相談し、愛犬が日常生活で怪我やストレスが無いように配慮します。
痛みが伴う病気ではなく、病気の進行は数カ月から数年となるので、診断がついてしまったら、目が見えない状態での生活を考慮し、住環境や散歩コースを変えるなど犬に負担がないようにしましょう。

チワワの歯周病(ししゅうびょう)

犬の歯周病は、成犬の8割は歯周病にかかっていると言われる疾患です。
チワワも歯周病には気を付けなくてはいけません。人間と同じで、歯周病になると歯が抜けてしまったり、細菌によって内臓疾患を引き起こす可能性があります。甘くみてはいけない病気の一つです。

歯周病の症状は、口臭、出血、歯茎の腫れ炎症を口の中をみてチェックします。

予防としては、歯磨きとなりますがなかなか難しいですよね。
動物病院でも歯磨きや歯石取りを行ってくれるので、相談してみましょう。

チワワの低血糖症(ていけっとうしょう)

チワワの低血糖症は、特に生後3カ月頃までの子犬がかかり易い病気です。
低血糖症の症状は、ぐったりとしてしまい、痙攣をおこしたりします。

原因は、血液中の糖分の濃度が急激に下がることで起こります。
特に体の小さな子犬は、食が細く、食事量も少ないので、十分な栄養素が吸収できていない場合もあり、急に子犬がぐったりしてしまったような時に、低血糖症を起こしている場合があります。
食事より遊びに興味を示す子犬もいるので、子犬の食事管理はとても大切です。
低血糖症の症状がみられた場合は、命に関わるので、至急獣医師の診察を受け処置をする必要があります。

家に迎えたばかりの子犬を構い過ぎてしまい、十分な食事が摂れていなかったり、ブリーダーさんやペットショップから環境が変わった事でのストレスも合わさって、低血糖症になるケースもあります。
チワワのような超小型犬は、特に低血糖症になりやすいと言われ、最悪死に至るケースもあるので、十分注意する必要があります。

チワワの尿路結石症(にょうろけっせきしょう)

尿路結石症は、膀胱や尿道、腎臓といった場所に結石が出来る病気です。尿路結石には多くの種類がありますが、チワワはシスチン結石ができやすいと言われています。
原因は様々な要素がありますが、運動不足とビタミン、ミネラルの不足が大きな原因となっています。
尿路結石は痛みを感じたり、尿が出にくくなる症状があります。尿うに血が混じっているような症状があればすぐに獣医師の診察を受けましょう。

尿路結石の予防としては防腐剤など添加物の入っていない自然な食事を与える事や、十分な新鮮な水を与える事、おしっこを我慢させない、などです。
適度な運動とリラックスできる環境も必要です。

チワワの肛門嚢炎(こうもんのうえ)

肛門嚢炎は、犬の肛門の左右にある肛門腺という退化した臭腺に分泌物がたまり化膿して炎症している状態です。

原因は、チワワなどの小型犬は便を出す時に肛門腺も一緒に排泄することができません。
ある程度は自力で排泄できますが、過剰に分泌液がたまり長期間放置されていると細菌感染してしまい肛門嚢が炎症を起こしてしまいます。

お尻を地面にこするようなしぐさや、お尻をしきりに気にしたり、お尻を痒がるようなしぐさがあれば、肛門嚢炎を疑います。症状がひどくなると、肛門の周りの皮膚が赤くはれたり、出血があります。
さらにひどくなると肛門が腫れあがり、お尻の皮膚を破って破裂し出血や膿が出てしまいます。

このようにならないために、定期的にシャンプーの際に肛門腺を絞るようにします。
トリミングの時も肛門腺も絞ってもらえます。

チワワの角膜炎(かくまくえん)

チワワの目の病気で気を付けたいのが、流涙症と角膜炎です。
角膜炎は、目の大きいチワワがかかり易く、黒目を覆う角膜が炎症を起こす病気です。

目をこすったり、目がしょぼしょぼしたり、目を気にする様子や、目ヤニや涙が増えるなどの症状があります。目に痛みや痒みがでる病気です。

原因は、外傷性と非外傷性にわけられます。
外傷性の原因としては、チワワは目が大きく出ているので、こすたっり目がぶつかったり、まつ毛があたったりなどの物理的な刺激やシャンプーが目に入ってしまったなどの科学的刺激があり、このような刺激により角膜を傷つけてしまい炎症が起きます。
非外傷性の原因は、アレルギー疾患、犬ジステンバーや犬伝染性肝炎などの感染症や免疫介在性疾患などの病気があります。

角膜炎の治療は、抗炎症剤や抗生剤、点眼薬が処方されることが一般的です。
痛みや痒みが強く、犬が目をこすってしまうような場合は、眼をこすらないようにエリザベスカラーなどの装着をすることもあります。

角膜炎も他の多くの病気と同様、早期の治療が大切です。
チワワが目を気にする様子があり、角膜炎の症状が疑われる場合は早期に獣医師の診察をうけるようにしましょう。

チワワの気管虚脱(きかんきょだつ)

気管虚脱はチワワ以外にもトイ犬種やミニチュア犬種に発症しやすい病気です。
中年齢以上の高年齢の犬が多く罹患します。

気管虚脱では、気管が扁平に変形してしまうことで、息がしずらく呼吸困難や温度調整が困難になってしまいます。
息が荒くなり、雑音のある息や渇いた咳をします。
チワワは、頭部をのけぞらせるようによく吠えるので、気管虚脱を引き起こしやすいと言われています。
肥満や首輪による喉の圧迫等も気管虚脱の症状を悪化させるので注意が必要です。

治療は、症状をコントロールしつつ緩和を目的とする陳石材や気管拡張剤などの投薬が行います。
症状が進行し呼吸困難を起こす場合もあるので、早期に獣医師の診察を受け治療について相談するようにしましょう。

チワワの僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

僧帽弁閉鎖不全症は、犬の心臓の病気です。老犬期のチワワに多くみられますが、チワワ以外の小型犬にも多く発症する病気です。
心臓弁膜症とも言われ、発症すると咳や呼吸困難などの症状があります。咳は夜中や散歩の途中などに出やすくなります。
また、運動を嫌がり疲れやすくなります。

発症時の症状は、心内雑音が効かれるだけで大きな症状は現れませんが、進行すると咳やゼーゼーと苦しい息遣いが見られ、肺水腫と伴う呼吸困難や、不整脈による突然死など起こる場合もある病気です。

僧帽弁閉鎖不全症は、僧帽弁という心臓の中にある血液の逆流を防ぐ弁が「粘液腫様変性」と呼ばれる変化を起こし、僧帽弁が厚くなり、弁がしっかり閉じなくなってしまう事が原因です。
しかし、この僧帽弁が変化してしまうことについては原因はわかっていません。

僧帽弁閉鎖不全症の治療法は症状の緩和と進行を抑える目的で行われます。完治させる方法が現在無いからです。
運動管理や食事療法を行い、血管拡張剤の投薬などが治療として行われます。

進行すると死に至る心臓の病気ですので、早期に体調の変化に気づくようにし、早期に治療を開始できるよう、
症状を疑ったら獣医師の早期の診察をうけ治療について相談するようにしましょう。

チワワの特徴に合わせたドックフード選び

チワワは好奇心旺盛で、活発に動く犬種ですので、小さな体で食が細いなど食事量が少なくても十分にと栄養が摂れる、栄養価の高いドックフードを与える様にします。

チワワは散歩はいらない?と聞く方がいますが、小さい体だからといって運動が不要なわけではありません。
十分に走り回れる住環境なら別ですが、元々食にムラがあると言われるチワワが運動不足になると、更に食欲減退につながります。
必要な運動量は大型犬よりは少なくなるものの、毎日の散歩はストレス解消の面からも大切です。

チワワは健康管理に気をつけていけば寿命は15~18年と犬の中では長寿の犬種です。
健康な生涯を送る為にも、チワワの体をつくるドックフード選びは原材料など吟味する必要があります。

チワワは食欲にムラがある犬が多く、食も細い傾向にあるので、栄養価の高いドックフードを選びます。
肉または魚がメイン原材料となっている高たんぱく質の総合栄養食を与えるようにします。
消化の悪い、健康被害のリスクの高い穀類を使用しているドックフードは避けます。
ドックフードのパッケージの原材料表記を確認すると、含有量の多い順に原材料が記載されています。
米やトウモロコシなど穀類がメイン原材料となっているドックフードは消化不良や健康被害の原因になるので避けます。

チワワは歯周病にも気を付けなくてはいけません。人間と同じで、長寿の為には歯がとても大切です。
食いつきが良いと言われるウェットタイプのドックフードは歯石が付きやすく歯周病リスクを高めます。
食にムラがあり食いつきが悪いからといって、ウェットタイプのドックフードに頼るのではなく、高品質のドライタイプのドックフードが良いと思います。

また、チワワは尿路結石症にも注意が必要なため、結石の原因リスクの高い添加物が使用されているドック不フードは避け、無添加のドックフードを選びます。

チワワの子犬におすすめしたいドックフードの条件

犬は元来肉食の動物であり、チワワもアステカ文明の頃から歴史のある古い犬種ですので、肉がメインの高たんぱく質のドックフードが適しています。

小さなチワワが食べる少量の食餌でも栄養が摂れるよう、高たんぱく質、低炭水化物のヒューマンレベルの高品質のドックフードをおすすめします。

その他、子犬の時からドックフードを選ぶ時に気を付けたい条件は以下になります。

・総合栄養食であること。
・ライフステージにあっているドックフードであること。子犬用もしくは、全年齢対象で給与量調節のもの。
・メイン原材料が肉または魚のドックフード
・穀類を使用していないドックフード。グレインフリーと表示されているもの。
・肉副産物、○○ミール、○○粉、○○類、動物性油脂など粗悪な原材料を使用していないドックフード
・危険な添加物(BHT、没食子酸プロピルなど)を使用していない無添加のドックフード
・危険な原材料(穀類、塩、砂糖、ブドウなど)をしようしていないドックフード

健康志向のチワワの飼い主さんに人気の高品質おすすめのドックフードランキング

1位・カナガン
2位・モグワン

3位・オリジン
4位・ナチュロル

-犬種別のドックフード選び方
-, , , , , ,

関連記事

柴犬の特徴に合わせたドックフード選び方@愛犬のエサ

目次1 柴犬の特徴に合わせたドックフード選び方2 柴犬の体の特徴3 柴犬の性格4 柴犬の特徴に合わせたドックフード選び4.1 柴犬の子犬におすすめしたいドックフードの条件5 健康志向の柴犬の飼い主さん …

トイプードルの特徴に合わせたドックフード選び方@愛犬のエサ

目次1 トイプードルの特徴に合わせたドックフード選び方2 トイプードルの体の特徴3 トイプードルの性格3.1 トイプードルのかかり易い病気3.2 トイプードルの膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)3. …

人気のある記事

人気のある記事

最近の投稿

最近の投稿

カテゴリ

カテゴリ

アーカイブ

アーカイブ

アーカイブ