有名ドッグフードの良い評判・悪い評判@愛犬のエサ

有名なドッグフードの良い評判・悪い評判。飼い主目線と愛犬の特徴からドッグフードを選ぶ際に知っておくと良いポイント

無添加ドッグフードの選び方

総合評価で人気の市販ドックフードはやっぱりコレ

愛犬のご飯としてドックフードを与えている人がほとんどだと思います。
手作りフードも、たまには良いですが、毎日作るのは手間も大変ですが、犬に必要な栄養素を摂取できるように作ることはさらに難しい事です。
市販されている、総合栄養食のドックフードであれば給与量を適正に与え、あとは新鮮な水をたっぷり与えれば良いのです。

市販のドックフードは種類も豊富で、愛犬のライフステージや好みに合わせて選べるのでとても重宝します。
ペットショップやホームセンター、ネットショップなどで市販されているドライタイプのドックフードですが、どのような商品が人気なのでしょうか?

今回は、品質が良く、安全で、栄養価が高く、食いつきが良いという、製品の良さと、コスパの面でも継続して与え易い総合評価で人気のドックフードを調べてみました。

1位・カナガン ドックフード
2位・モグワン ドックフード
3位・オリジン ドックフード

市販のドックフードで人気なものは、すべて海外産のドックフードでした。
国産のドックフードは、原材料に粗悪なものが多く、主原料にトウモロコシなど穀類を使用することで、価格は安くなりますが、
犬の体には害があると言われる穀類を使用していることが多かったです。
穀類を多く使用したドックフードを継続して食べさせることは、健康被害が心配です。
ドックフードに関しては日本は法規制が遅れていると言われているだけあって、国産が安心安全とはならないようです。
市販されているドックフードもピンキリですので、きちんと原材料や成分を確認してから購入しましょう。

国産ドックフードと無添加ドックフード

大切な家族の一員である愛犬に安心安全なドックフードを食べさせたいと思いますよね。
ドックフード選びは意外と難しいものです。
国産ドックフードが良いのか、それとも無添加ドックフードが良いのでしょうか。
色々調べてみると、ドックフードに関しては、「国産だから安心だ」、とか「国産だから品質が良い」とは言えないことがわかりました。

日本では、ドックフードは食品としては扱われておらず、法規制が遅れているという理由から、国産ドックフードには、人間が食べることができないレベルの原材料が使用されている現状があります。
愛犬の健康被害が心配な原材料で作ったドックフードを販売しても、製造販売元は罰せられることもありません。
コスト重視になり品質の事は二の次になっているような現状には驚いてしまいます。

無添加に関しても、無添加が良いですが、ドックフードは酸化してしまったり、カビてしまったりすると、病気や、アレルギーになってしまったり健康被害があるので、天然由来のものを使用していたり、危険な添加物に関しては使用していないドックフードを選ぶことが大切です。

危険な添加物には、発がん性が確認されているものなど人間には使用できない添加物がありますが、ドックフードには、日本の法的には問題ないので使用されていたりします。
無添加のドックフードは良いと思いますが、保存方法など注意は必要になります。

国産ドックフードだから安心、と安易に考えず、ドックフードの原材料表示をよく確認して添加物や穀類など危険なものは無いかなど見極める必要があります。

無添加ドックフードでアレルギーを防ぐ

犬にもアレルギーがあります。アレルゲンを食べたり、触ったりすることで起こります。
急性なアナフィラキシーは粘膜が腫れ気道が塞がれて命に関わることがあります。

慢性的なアレルギー症状の場合は、アトピー性皮膚炎や胃腸の不調などです。
犬のアレルギーの症状は、皮膚のかゆみや脱毛、下痢や嘔吐などありますが、
毎日食べているドックフードが原因のことが少なくありません。

食物アレルギーの場合は、愛犬に与えているドックフードにアレルゲンが含まれていることがあるからです。
そして、ドックフードに含まれる添加物や穀類が原因でアレルギーを発症していることがあるのです。
ドックフードは、日本では法規制が緩く、添加物の中でも人間には使用できない危険なものも使用されているものもあります。
また、原材料の価格を抑えるために穀類が多く使用されているドックフードが多くあります。
しかし穀類は、犬の消化器官の特性上、穀類は消化できないまたは消化しづらい為、穀類の継続的摂取はアレルギー発症のリスクが高くなると言われています。

アレルギーがある犬も、これからアレルギーになりたくない犬も、健康リスクを考えて良いドックフードを選ぶことはとても大切です。
アレルギーは愛犬自身も大変辛いと同時に、飼い主さんもとても悩まれることだと思います。
日頃与えるドックフードからアレルギー対策をすることができますので、アレルギー対策のポイントとおすすめドックフードをご紹介します。

アレルギー症状が出ているワンちゃんは、動物病院でアレルゲン検査を受けると、アレルゲンが特定できるので、アレルゲンは避ける様にしましょう。

1、グレインフリー、穀類を含まないドックフードを選ぶ、低アレルギーの原料を使用しているものを選ぶ

【犬のアレルギーになり易い食材】
穀物類、穀類の中でも特にトウモロコシ、小麦、大麦、牛肉、豚肉、乳製品、大豆

2、アレルギーやその他の病気のリスクの高い本来廃棄されるような原材料の使用されているドックフードは避ける

【4D、粗悪な原材料】
動物性油脂、骨粉、ボーンミール、肉類副産物、家禽類副産物、鶏肉副産物の消化物、動物性乾燥消化物、
肝臓腺粉、鶏副産物、乾燥レバー消化物、魚粉、魚類副産物 etc・・・○○ミール、○○粉、○○副産物
※○○ミールでも、「副産物では無い」といいう表示があれば、ヒューマングレードのミールで安全

3、100%無添加のドックフードを選ぶ

【特に危険な添加物一覧】
プロピレングコール、ソルビン酸カリウム、グリシリジンアンモニエート、没食子酸プロピル、エトキシキン、ブチルヒドロキシトルエン(BHT)、
亜硝酸ナトリウム、赤色40号、青色2号、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)、EDTA-Ca-Na、EDTA-Na、etc・・・

【良くない添加物・食材一覧】
赤色3号、黄色5号、黄色6号、青色1号、青色102号、赤色105号、ビートパルプ、セルロース、塩、砂糖、ブドウ抽出物etc・・・

アレルギーが気になる愛犬に、おすすめドックフード

1・カナガンドックフード

2・モグワンドックフード

3・オリジンドックフード

4・アランズ・ナチュラルドックルード

5・ネルソンズドックフード

 

安い無添加ドックフードを探す

ドックフードは安全で安いものが良いと思います。
安全なドックフードとは無添加で、原材料も安心なものが使用されているものだと思います。
安全で栄養価も高く、栄養バランスも良いドックフードであれば、愛犬にはドックフードと新鮮な水を与えることで、健康で長生きをさせてあげられると思います。

ただ、市販されている、1kgあたり500円くらいのものは、安いドックフードで無添加のものは見つかりませんでした。
添加物の使用されていない無添加ドックフードは、プレミアムドックフードと言われる高品質なものに多く、価格的には安くはありません。
しかし、添加物は病気やアレルギーの原因になると言われ、そうなった時の医療費などを考えると少々高くても無添加のドックフードを選んだ方が良いように思います。

また、毎日与えるドックフードは安いに越したことはありませんが、何より愛犬の健康のことを考えると長生きしてもらいたいし、
そのことを考えると食事は大事なものですので、値段の事だけにとらわれずにドックフードを選ぶようにしたいものです。

ラム肉使用の無添加ドックフードを探す

愛犬にチキンアレルギーがあり、ラム肉を使用している無添加ドックフードがないか探していました。

生のラム肉を買ってきて、焼いて与えることもありましたが、必要な栄養素は摂取できているのかと、栄養バランス的に不安になり、総合栄養食のドックフードにした方が良いと考えました。

無添加のドックフードでも主原材料に鶏肉を使用しているものが多く、無添加でラム肉が主原料でつくられたドックフードはなかなか見つかりませんでいた。
ネットで探したところ、イギリス産のドックフードでアランズ ナチュラルドックフード ラムという商品を見つけました。

このドックフードは、生ラム肉を55%以上配合しており無添加です。
総合栄養食のドックフードであり消化吸収も良くなるように製造しているようです。

早速、ネットから購入してみました。2kgで3960円(税抜)送料640円(税抜)で4968円でした。
届いたので、与えるとすごく食いつきが良くて驚きました。アレルゲンが無いので安心して与えられます。
やはり、ドックフードは海外産の物の方が優秀なのかなと改めて思いました。

無添加ドックフード人気ランキングをご紹介

ドックフードは種類も豊富で価格も様々なものが市販されていますが、無添加なドックフードを選びたいものです。

ドックフードに使用されている添加物は、私たち人間の食品には使用してはいけない危険な添加物もあるのです。

発がん性が確認されている添加物でもドックフードに使用されています。
法的には規制はなく、愛犬が発がん性物質の添加物の入ったドックフードを食べてガンになってしまったとしても、製造販売メーカーには責任は問えません。愛犬の健康を守るためにも、無添加ドックフードを選び、安心して愛犬に与えたいものです。

無添加のドックフードを調べてみると、無添加にこだわるだけあり原材料の品質や栄養バランスなどにも配慮されており、全体的に高品質なものが多くあることに気づきました。

肉食である犬の理想の食事と言われる高たんぱく質になっているため、肉の含有割合も多い為、美味しさも増しているという事です。
人気の無添加ドックフードをご紹介します。

1・モグワンドックフード
2・カナガンドックフード
3・ナチュラルドックフード
4・ネルソンズドックフード
5・オリジンドックフード

投稿日:

執筆者: