有名ドッグフードの良い評判・悪い評判@愛犬のエサ

有名なドッグフードの良い評判・悪い評判。飼い主目線と愛犬の特徴からドッグフードを選ぶ際に知っておくと良いポイント


当サイトでは有名ドッグフードの評判について紹介しています。

日本で市販されているドッグフードは、100種類以上にもなります。愛犬には高品質なドッグフードを与えたいけど、値段が高いと続けられない。
このように迷っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。当サイトでは、有名ドッグフードの評判や品質、量販店や通販などで購入できる値段などわかりやすく比較しています。

目次

評判の良いドックフードをおすすめする条件とは?

評判の良いドッグフードか?確認するポイント

  • 主な原料は材料が肉?何が主原料?
  • 原材料の表記が詳しく記載されているか?
  • 評判の良いドッグフードは、危険な穀物を使用していない。
  • 評判の良いドッグフードは、人工添加物を使用していない。

おすすめできる評判の良いドッグフードの条件として、最低限チェックしたいポイントはこの4点です。
評判の良いドッグフードのお勧めとしてランキングや口コミなどで紹介されていたとしても、ドッグフードの主原料となる原材料をチェックすると、あまり好ましい原材料を使用していないドッグフードが多くみられます。
口コミや人気、テレビで評判の良いドッグフードを参考にすることも大事ですが、飼い主が十分な知識を持ち、本当にその子にとって「安全・安心なドッグフード」を見極めることが非常に重要です。

>>無添加ドッグフードの選び方を先にチェックする
>>犬種別のドックフード選び方 一覧を先にチェックする
>>有名ドッグフードそれぞれの評判・特徴・成分・効果と口コミを先にチェックする

評判の良いドッグフードの主原料・材料が肉?何が主原料?

ドッグフードの原料・材料はドッグフードの原材料の表示の中で、一番先頭に記載されている原材料名のことです。
原材料欄は使用しているものが多いものから順に記載されており、そのドッグフードの主原料になるものが、肉や穀物になります。このドッグフードの主原料に何を使用しているのか?パッケージの裏の原材料欄をじっくり見てください。
犬は基本的に、「動物性タンパク質」が必要になりますので、肉が主原材料に使用されているドッグフードを選ぶことをお勧めします。

評判の良いドッグフードは原材料の表記が詳しく記載されている!

あいまいな表記の例

  • ◯◯類(肉類、穀類)
  • ◯◯粉(米粉、肉粉、肉骨粉)
  • ◯◯ミール(ミートミール(肉粉)、ミートボーンミール(肉骨粉)、ポークミール、チキンミール)
  • ◯◯副産物(牛肉副産物)

このように○○類・粉などと記載されると、何の種類のその部分が使用されているか?等判断することができません。いろいろな肉といろいろな部分の肉が入っている為、詳細を書けないので、敢えて曖昧な表記にしている可能性が大です
ミートボーンミールと記載されていたりなどの肉副産物は、すべて肉骨粉と同じ意味です。
肉骨粉と聞けば、2000年代初頭で有名になった狂牛病の原因になった飼料です。

ちなみに肉骨粉とは家畜から食肉部分を除き、残った屑肉、脳、脊髄、骨、内臓、血液を加熱処理の上、乾燥させ粉末としたものです。
最近はペットフードによく使用される場合が多いのですが、こういった廃棄物を使用して、ドッグフードのコストを下げるために原材料に使用しています。
原材料名はの「牛肉」、「豚肉」、「鶏肉」、「七面鳥肉」などと具体的な名称で書かれているものを選びましょう。

低価格のドッグフードは低品質で粗悪な原料を使っている可能性が極めて高く、そのようなドッグフードは犬の健康を害する恐れがあることは知っておいて下さい。
「肉類(◯◯等)」といった表記も散見されます。この場合は肉以外の部分が使われていると考えた方がいいでしょう。

出典:「ペットフード安全法に関するQ&A」(環境省ホームページ)
当該ページのURL
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/qa_index.html

評判の良いドッグフードは、危険な穀物を使用していない。


評判の悪いドッグフードに含まれる代表的な穀物

  • 小麦
  • トウモロコシ
  • 大麦

ドッグフードの原材料をチェックすると、原材料に穀物が入っているものを良く見かけますが、犬は肉食動物なので穀物はドッグフードには適していません。
犬の消化器官はとても短く、穀物などの炭水化物は消化することが困難で犬にとって不向きな作りになっています。
肉などの高タンパク質に適してた消化器官のつくりなので、穀物を原材料の主原料を食べ続けると、栄養バランスが崩れ次のような健康問題を引き起こします。

・消化器官に負担がかかる
・肥満になりやすい
・アレルギーになる確率があがる

下痢や嘔吐などのアレルギー症状を起こしてしまう危険性もあり、穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードを選ぶことをお勧めします。
(2006年に全米研究評議会(NRC)は、「十分なたんぱく質を与えられていれば、犬・猫は炭水化物を全く必要としない」と発表しています。)
(2008年にアメリカ飼料検査協会(AAFCO)は、「犬と猫が必要とする炭水化物の最低量はゼロである一方、たんぱく質は過剰供給になることはない」と発表しています。)

評判の良いドッグフードは、人工添加物を使用していない。


評判の悪いドッグフードの人工添加物の例

  • エトキシキン
  • BHA
  • BHT
  • ソルビン酸
  • プロピレングリコール
  • 亜硝酸ナトリウム
  • 食用赤色2号

人間が食する食べ物やお菓子等にもたくさんの添加物が含まれていますが、ドッグフードによく添加物が使用されています。
ただし、染色体異常や発ガン性のある食品添加物のエトキシキン、BHA、BHTがしようされているドッグフードは、ホームセンターや量販店で普通に販売されている、評判の悪いドッグフードに多いです。
発癌(ガン)性のある添加物のはいったドッグフードを長く継続的に摂取すると、癌(ガン)になる可能性があります。
日本獣医がん学会の報告では、「現在の犬の死亡原因の25%が癌(ガン)で、10歳以上の犬の場合では50%を超える」と報告されています。
まとめると、犬の4頭に1頭が癌(ガン)で死んでいることになります。

添加物の中でも、ビタミンCやビタミンE、天然酸化防止剤などは発癌(ガン)性の心配のない添加物になるので、そういった発癌(ガン)性の心配の無い添加物を使用しているドッグフードを選ぶことが大切です。

私たち人間が食べるほとんどの加工食品には添加物が含まれていますが、この添加物は体に悪い事はすでにご存じだと思います。
犬の場合も、ほとんどのドッグフードに添加物が含まれていますが、2007年に中国産のドッグフードによって、たくさんの犬がそのドッグフードによって健康被害にあるといった事件がアメリカでありました。その事件以降、ドッグフードといっても、安全性をきちんと確認するといった動きが日本国内にも主流になりました。

犬の場合も、2007年には中国産のドッグフードによってアメリカ国内で大きな健康被害の報告があり、犬用とは言え、その安全性を高めようとする動きが日本国内に出てきました。
ワンちゃんにも人と同じくらい安全なものを食べさせようと考えた場合、無添加ドッグフードから探してみましょう。

安全で無添加の評判の良いドッグフードを選ぶ3つの基準は?


市販されている評判の悪いドッグフードには、発癌(ガン)性物質である防腐剤や人工着色料などの添加物が入っているドッグフードがたくさんありますので、下の3つのポイントは非常に大事です。

  1. 人が食べられる原料とおなじ品質の物を使っていること
    人間の加工食品の添加物では発ガン性が高く使用禁止なのに、ドッグフードでは使用しているドッグフードはNGです。
    人間と同じ添加物の基準で製造しているか?が、重要な項目です
  2. 美味しいこと
    とっても重要な項目ですが、どんなに安全だとしても、おいしくなければ食べてくれません。
    基本的に無添加のドッグフードは、本当に良い原材料(お肉)などを使用しているので、食いつきに違いがでてきます。
    可愛がっている飼い主なら、その食いつきの違いがわかります。
    肉類や魚類など、良質の動物性タンパク質が主成分のものが多いので、ビタミンやミネラルがバランスよく配合され、ワンちゃんは病気になりにくく毛艶や体調もよくなります。
    病気のリスクも減るので、獣医さんにかかる機会も減り、結果的に安上がりになります。
  3. 続けやすいこと
    無添加のドッグフードで良い物なのに、値段が高くて飼い主の負担が高く続けられないものはNGです。
    無添加ドッグフードは、毎日消費するものなので、経済的に無理が無い商品を選びましょう。>>無添加ドッグフードの選び方を先にチェックする

人気ドックフードで評判になっている商品の選び方の3つのポイントとは?

現在市販されているドッグフードは100種類以上にも上ります。
たくさんの種類が豊富に販売され、選び方に迷いますが、目安は犬の年齢、嗜好性(体調など)、ドッグフードの方向性です。特に犬が年齢を重ねると必要とするカロリーや栄養など変化してきますので、小さい頃から買っている愛犬でも、与えるドッグフードを変えていく必要があります。
またドッグフードが愛犬の体調にあまりあっていない場合や、与え方が悪く体調を崩したりなど起こすことがあります。犬種ごとの特徴や、個々の愛犬の相性など、体調をよく把握する必要があります。
市販されているドッグフードには、見切り品などで安価すぎる値段で販売され、品質が低下しているものも稀に見ます。製造国、製造日、原材料、販売価格など注意して購入しましょう。

>>犬種別のドックフード選び方 一覧を先にチェックする

愛犬の年齢からドッグフード選ぶ

愛犬の年齢に応じて与えるドッグフードは変化していきます。
生まれた子犬の場合、離乳食は大体生後60日後からスタートすることが多いです。パピーフードをお湯でふやかすと、フードの香りが強くなり食いつきもよいので子犬には良いとされています。
そして生後4カ月~7カ月ぐらいの歯が生え変わるぐらいに、カリカリフードへ移行していきます。

子犬の時期のドッグフードは、タンパク質は体重1kgあたり成犬の約4倍必要になります。それは子犬は成長が早く、筋肉などの体の組織をつくるのに使うからです。高たんぱくで高脂質、高栄養なドッグフードが必要になります。

成犬の場合、子犬程ではありませんがやはり高たんぱくなフードがおすすめです。
目安としては「たんぱく質の割合が30%前後」で、厳選した肉材料を使ったドッグフードが必要になります

老犬の場合だと、消化能力が落ちています。大切なのは「たんぱく質の質」と消化・吸収し易いものを選びましょう。
また、認知症予防に期待ができるDHAやEPA、軟骨を作るのに必要な成分で魚に多く含まれているグルコサミンやコンドロイチンなど、魚が入ったドッグフードがおすすめです。

>>ドッグフードの子犬用とは?を先にチェックする

愛犬の嗜好性、体調(アレルギー)、犬種の特徴などから選ぶ

愛犬がダイエット中であれば、カロリーが控えめのドッグフードが最適ですし、病気などの場合は体調に合わせたドッグフードを選んでください。
うんちがくさい場合、涙やけがひどい場合、口臭がひどくなってきた場合などもフードを見直して改善できます。
また人間と同じようにアレルギーがある子もいます。常日頃から、愛犬のアレルギーを把握して、最適なドッグフードを選ぶようにしましょう。

>>犬種別のドックフード選び方 一覧を先にチェックする

ドッグフードの方向性から選ぶ

市販されているドッグフードには、それぞれの方向性があります。
主原料は?原材料の何にこだわったのか?製造国は?無添加?値段は?など、それぞれのドッグフードのこだわりがわかりやすくパッケージに記載されているので、方向性をチェックしましょう。
基本的にこのドッグフードは安心できる!といったものを選ぶようにしましょう

>>有名ドッグフードそれぞれの評判・特徴・成分・効果と口コミを先にチェックする

ドックフードを食べない原因と対策

普段はお皿を空にする愛犬がドッグフードを食べなくなった、そんな経験はありませんか?「どこか具合が良くないの?」と心配になってしまいますよね。お腹は空いているはずなのにドッグフードを食べない理由はいくつか考えられますが、ときにはその食欲不振が病気の前兆ということも考えられますから”食べない理由”を知ることは大切なのです。今回は、犬がドッグフードを食べなくなる原因と対策についてご紹介します。

食欲がないときは、まずパートナーの体調チェックを

パートナーの食欲がない場合、最も心配なのが体調不良です。まずは、食欲不振以外に何か気になる症状がないかを確認しましょう。
犬は消化器官に異常があると食欲不振になることがあります。便秘や下痢、嘔吐などという症状がなくても胃腸炎や細菌、ウイルスによる感染症などの可能性もあります。犬がかかる感染症の中には、食欲不振のほかクシャミ、鼻水、咳や目の充血などを引き起こすものもあり、免疫力が弱い子犬や老犬は症状が悪化しやすいため注意が必要です。
感染症やその他の疾患が原因でご飯が食べられなくなっている場合、食欲不振以外にも何らかの症状が見られることが多くあります。「鼻水は出ていないか」「口臭は強くなってないか」「下痢や便秘はしてないか」「おしっこの色がおかしくないか」など、普段から全身状態を確認する習慣をつけましょう。こういった症状はないのに食欲がない場合も、安易に自己診断せずに、まずは動物病院を受診して相談してみてください。

偏食気味な犬には食事に工夫を

人間と同様、犬にも好きな味や匂い、食感(硬さ・柔らかさ)に好みがあります。おやつや特定の食べ物は食べるけど、栄養バランスを考えたドッグフードは食べない…となると、飼い主さんも困ってしまいますよね。
この場合、犬がドッグフードを食べたくなるような4つの方法を試してみましょう。

  1. 食べなかったらご飯を下げて、次の食事の時間まで何も与えないこと。
    「いまこれを食べないと何も食べられないんだ」ということを理解させるためですので、おやつも一切与えません。少しかわいそうな気もしますが、バランスのとれた食生活を取り戻すためにも根気強くパートナーと向き合いましょう。しかしいつもの食事をそのまま出しても、なかなか食べてはくれないでしょう。
  2. ドッグフードにトッピングをしたり、ぬるま湯を足してふやかすことで匂いを強めたりなど、食事に工夫を凝らしてみましょう。
    そうすることでパートナーの食欲を促せます。何をトッピングしたらいいかわからない場合は、市販のものを使うのも一つの方法です。 など、よい香りで食欲を増進させてくれると同時に栄養も補給できて一石二鳥です。パートナーがおいしく食べられて栄養バランスも保てるのが一番ですから、いろいろと試してみましょう。もちろん自分で煮干しやかつおぶしのダシをとったものをあげてみるのもいいですね。パートナーの好みを探してみるのも楽しいものです。
  3. 食事内容そのものを変えてみることです。
    栄養バランスが良いフードであれば、ウェットフードや手作り食、フリーズドライのドッグフードなど、パートナーの好みを観察しながら選択してはいかがでしょうか。
  4. これは一番大切ですが、食べたら必ず褒めることです。
    犬にとって飼い主さんに褒められるのはうれしいもの。ただ、飼い主さんが「食べるかな、どうかな。食べたら褒めなくちゃ!」と気負いすぎると犬にとってプレッシャーになることもあります。人間だって楽しい食卓でなければ食欲もわきませんね。パートナーが楽しく食べられるよう肩の力を抜いて取り組みましょう。

どんなに評判の良いドッグフードでも愛犬が食べ無い理由

人間と同じ食事の味を覚えてしまうことも

愛犬が喜ぶからといって、人間の食事を与えてしまうことはありませんか?犬は、人間の食事が原因でドッグフードを食べなくなることがあります。人間と同じように、犬は一度食べて「美味しい」と思ったものを覚えています。人間の食事を欲しがる行動を取ってそれが叶えられてしまうと、犬は人間の食事の味を覚えてしまい、ドッグフードを食べなくなることがあります。栄養バランスやしつけの面でも心配が生まれます。
そんなときには、偏食気味の犬と同様に食事のトレーニングが必要です。しかし、いくらトレーニングを続けても、自分以外の他の家族がパートナーに人間の食事を与えていては意味がなくなってしまいます。
家族全員できちんと話し合い、ルールを決めておくことが大切です。
また人間と犬では消化の過程や体質が異なるため、食べても消化できない食品があることも覚えておきましょう。「喜んで食べているから」「今まで与えても大丈夫だったから」と思ってつい与えてしまいがちですが、その食習慣が積み重なると体調不良を引き起こすリスクも。パートナーの健康のためにも、犬の体質に合った食事習慣を心掛けましょう。

パートナーの健康にも影響する食事の悩み。ドッグフードを食べない理由が、偏食や犬の好みに合っていない、人間の食事を欲しがるという理由であれば自宅でのトレーニングや食事方法の工夫で対応できますが、病気の可能性がある場合もあります。
安易に判断せずに、食欲不振が続くときにはすぐに動物病院に相談しましょう。

 

評判・高評価のドックフードランキング

今与えているドックフードは、あなたの愛犬やあなたのポリシーにマッチしたものになっていますか。
評判が高く飼い主から高評化のドックフードを優先したい項目別に、お勧めできるドックフードをご紹介します。

「安全、安心」なドックフードを与えたい、「品質重視」の飼い主さんへお勧めのドックフード!

第1位は【原産国カナダのオリジンドックフード】

オリジンドックフードは高品質のドックフードとして各国でも高い評価を得ているドックフードで、優秀なドックフードに与えられる「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」賞を3年連続受賞しており、アメリカで有名な犬専門雑誌「The Whole Dog Journal」でも賞賛されました。
元来肉食の犬に生物的に適正と言われる高たんぱく低炭水化物のドックフードであり、必要な栄養素を十分摂取できるように作られてますし、原材料に使用される食材はすべて人間が食べられる基準のもので80%に肉原材料を使用しています。

犬の消化器構造に適さず健康被害のリスクのある穀類は含まないグレインフリーになっており、無添加、副産物不使用となっています。

危険な添加物や、粗悪な原材料は排除し作られている「オリジン ドックフード」は、価格は製品にもよりますが、1Kgあたり約2700円と高めですが、オリジンドックフードには主原料や子犬用、シニア用などライフステージにあわせた製品ラインアップがあります。

高品質なだけに価格も高めですが、それでもいつまでも健康で元気に暮らしてほしい、将来の医療費が抑えられると思う、など価格に変えられない価値を求め、高品質な安心安全なドックフードを与えたい、という飼い主さんにお勧めします。

第2位は【原産国イギリスのモグワンドックフード】

モグワンドックフードは主原料に新鮮なチキンとサーモンを使用され、品質はもちろん高品質のヒューマングレードです。魚を配合していることで、カロリーが抑えられています。
体重管理をしている、ダイエットしたい愛犬にもお勧めできます。

人口添加物も不使用、穀類についても不使用のグレインフリーで、副産物の使用もありません。油分についても、粗悪な動物性脂肪などは不使用です。サーモンオイルとココナッツオイルが使用されており、何の油か分かるように原材料に記載されている点も安心できます。

価格は1kgあたり約2200円です。
高品質の為、kgあたり2000円以上と高めになりますが、原材料内容を確認すると納得できると思います。
安心安全な高品質のドックフードを探している、カロリーも抑えたいけど良質なたんぱく質を与えたい、という飼い主さんには、モグワンドックフードお勧めします。

第3位は【原産国イギリスのカナガン ドックフード】

カナガンドックフードは、主原材料にチキンを使用し、その含有量は50%と豊富なドッグフードです。
使用されているチキンは平飼いという優良な環境で育てられたもので、ホルモン注射などはされていない安全なチキンで、その他に使用されている原材料もヒューマングレードになっています。人間も問題なく食べられるグレードです。

また、無添加、グレインフリーであり安心安全な点です。海藻や野菜もバランス良く配合され、高たんぱくであり栄養バランスの優れたドックフードです。

カナガン ドックフードは1Kgあたり約1980円です。
高品質なドックフードになりますので、価格帯は高めかもしれませんが、将来の健康維持を考えると、決して高くない価格かもしれません。
しかし、チキンが大好きなワンちゃんや、安心安全な高品質のドックフードを与えたい飼い主さんにお勧めします。

第4位は【原産国アメリカのダイヤモンドナチュラル ドックフード】

アメリカ ダイヤモンド社のダイヤモンドナチュラルドックフードは、内容の割に価格が安く、高コスパといえるドックフードです。
ダイヤモンドナチュラルドックフードは製品にもよりますが、1kgあたり約400円という価格で高コスパです。

1kgあたりもっと安いドックフードを知っているよ、と言う方もいらっしゃるかと思います。

確かに、1kgあたり100円台のようなドックフードもありますが、これは日本のドックフードの基準はゆるく、どんな粗悪な材料が使用されていても製品となる現状がある為と思われます。

例えば、発がん性の確認されている危険な人口添加物が使用されていたり、犬の消化できない、または消化しづらく大腸の病気やアレルギー発症のリスクの高い穀類が原材料の多くの割合をしめていたり、人間はとても食べられない廃棄されるような素材がかさ増しとして使用されていたりします。

ここでは、そういった健康被害のリスクが極めて高いと思われるものは排除し、コストパフォーマンスの良い事に重点を置き、価格重視のお勧めドックフードを選びました。

ダイヤモンドナチュラルは、チキンミールが使用されていますが、○○ミールと言ってもヒューマングレードのものと明記されています。

危険な副産物の使用は無く、人間が食べられる品質のものということです。
また、穀類についてもグレインフリーの製品もあり、穀類を使用しているものも特にアレル源になり易いものは排除しています。

危険な人口添加物についても不使用となっています。このような内容から、比較的安全な品質であり、かつ価格が抑えられているドックフードだと言えます。品質と価格のバランスで「価格重視」の飼い主さんにお勧めできます。

第5位は【原産国アメリカのハロー(Halo)ドックフード】

ハロードックフードには、ライフステージや主原料によってラインナップ商品が豊富にあります。
原材料にも記載されていますが、ヒューマングレードのものを使用しています。

主原材料には生の肉か魚を使用し、危険な添加物、トウモロコシ、小麦、小麦グルテンは不使用です穀類不使用のグレインフリーのラインナップもあります。

パピー用からシニア用まで製品は以下のように分かれています。

  • ハロードックフード パピー 小粒 ヘルシーチキン 1才未満の子犬/妊娠・授乳期の母犬
  • ハロードックフード アダルト 小粒 ヘルシーチキン 1~6才位の成犬
  • ハロードックフード アダルトカロリーオフ 小粒 ヘルシーサーモン グレインフリー 1才以上の成犬の健康維持・体重管理
  • ハロードックフード シニア7+ 小粒 ヘルシーサーモン グレインフリー 7才位からの中高齢犬
  • ハロードックフード シニア10+ 小粒 ヘルシーサーモン グレインフリー 10才位からの中高齢犬
  • ハロードックフード シニア14+ 小粒 ヘルシーサーモン グレインフリー 14才位からの超高齢犬
  • ハロードックフード アダルト ヘルシーチキン 1才以上
  • ハロードックフード アダルト ヘルシーサーモン 1才以上
  • ハロードックフード アダルト ヘルシーラム 1才以上

特徴的なのは、シニア用のドックフードは1種類の製品で用意しているメーカーが殆どですが、ハロードックフードでは、シニア用は3段階の年齢に分かれて製造されています。

成長期に与えるパピー用、成犬期に与えるアダルト用、体調の変化が目立つようになるシニア期の愛犬に適切なドックフードを与えることができます。
品質や安全性も安心のハロードックフード、ライフステージに合わせてドックフードを選びたい飼い主さんにお勧めします。

人気のある記事

人気のある記事

最近の投稿

最近の投稿

カテゴリ

カテゴリ

アーカイブ

アーカイブ

アーカイブ